menu

間質性膀胱炎の高圧酸素治療:前向きパイロット研究の長期結果

間質性膀胱炎に対して高圧酸素治療をする初期の論文です

6人の患者が高圧室で100%酸素吸入を30回受け、15か月以上追跡されました。

有効性の判定は、痛みと緊急性の変化(視覚的アナログ尺度)、患者の健康状態の全体的な変化に対する患者の評価の変化(患者グローバル評価フォーム)、および頻度と機能的膀胱容量の変化(48時間の排尿ログ)でした。

4人の患者が治療結果を優れているか良いと評価し、HBO治療後の健康状態が改善したと評価しました。2人の患者は彼らの症状のいくつかの短期的な改善のみを示しました。

12か月のフォローアップで、ベースラインの機能的膀胱容量は、レスポンダーグループで37〜161 ml(範囲)から160〜200mlに増加しました 。

心不全の方のケア

間質性膀胱炎に対するパルスラジオ波治療は可能性のひとつ

関連記事

  1. 太極拳は女性の骨を守ります

    Journal of the American Geriatrics Soc…

  2. 間質性膀胱炎に対する微弱な膣ヤグ・レーザー治療

    日本の研究チームは、かねてからレーザー治療が間質性膀胱炎潰瘍の炎症に有効…

  3. 英国政府は再びメッシュ使用を認めたが、英国トップ…

    NICEガイドラインのリリースにより、MESHをNHSで再び使用できるよう…

  4. アルツハイマー認知症とリンゴ

    2020年4月22日にオンラインで公開されたThe America…

  5. 更年期障害の症状と胃食道逆流症(GERD)の関連…

    最近の研究によると、更年期障害の症状に対してホルモン療法を行っている女性は、…

  6. 腹腔鏡メッシュ挿入骨盤臓器脱手術直後の直腸の激し…

    フランスの医師らは腹腔鏡でのメッシュ挿入による副作用もあることを報告してい…

  7. 便秘があると心血管疾患リスクが上昇するらしい

    英国の医学誌BMJに報告された最新の論文によると、デンマークの病院および外…

  8. 頭痛

    頭痛は非常に一般的であるという事実にもかかわらず、医師は頭痛が発生する理…

PAGE TOP