menu

間質性膀胱炎に対するパルスラジオ波治療は可能性のひとつ

この症例報告間質性膀胱炎(IC)の35歳の女性が、パルスラジオ波(PRF)と呼ばれる非侵襲的治療を受けました。

Kim JH, Kim E, Kim BI. Pulsed radiofrequency treatment of the superior hypogastric plexus in an interstitial cystitis patient with chronic pain and symptoms refractory to oral and intravesical medications and bladder hydrodistension: A case report. Medicine (Baltimore). 2016 Dec;95(49):e5549.

この治療では、針を使用して神経組織に短いエネルギーバーストを送ります。特に、治療は、腹部の神経のネットワークである患者の上腹部神経叢に適用されました。過去7年間、患者は膀胱充満による下腹部の痛み、睡眠中または姿勢の変化中の外陰部付近の痛み、および尿意切迫感や頻尿、夜間頻尿などの他の症状を経験しました。彼女はさまざまな標準的な治療法を試しましたが、痛みや症状に対して非常に効果的なものはありませんでした。これらには、膀胱の水圧膨張、膀胱内投与されたコンドロイチン硫酸ナトリウム、およびポリ硫酸ペントサンやガバペンチンなどの経口薬が含まれていました。

この状況を考えると、著者らは、麻酔薬を使用して上胃神経叢をブロックしようと決心しました。これにより、患者の痛みは一時的に改善されました。これらの有望な結果のために、患者は上胃神経叢のPRF治療のセッションと、6か月後に2回目のセッションを受けました。

この症例報告によると、治療は成功したようで、少なくとも2年6か月間痛みと症状を和らげました。この経験に基づいて、著者らは、PRF治療は、標準治療では緩和を達成していない他のIC患者の痛みと症状の長期的な改善をもたらす可能性があると述べています。ただし、この治療法は実験的なものであり、この設定で安全かつ効果的であることを確認するために、より慎重に研究する必要があることに注意することが重要です。

間質性膀胱炎の高圧酸素治療:前向きパイロット研究の長期結果

コンドロイチン硫酸治療は、間質性膀胱炎の女性において、DMSOよりも副作用が少なく実行可能。

関連記事

  1. 間質性膀胱炎の統計調査と男女比

    間質性膀胱炎は女性に多い病気です。人口に対する間質性膀胱炎の比率を出すために…

  2. 間質性膀胱炎の治療のためのフラヌマブ研究

    神経成長因子に対するヒトモノクローナル抗体であるフルラヌマブは、あたらしい…

  3. 間質性膀胱炎の高圧酸素治療:前向きパイロット研究…

    間質性膀胱炎に対して高圧酸素治療をする初期の論文です6人の患者が高…

  4. 網膜前膜患者は片眼で物を見る動作が多いことがわか…

    JAMAに報告された新しい報告では、網膜前膜(ERM)成人患者135例を対…

  5. 年齢が高い女性ほど進行した子宮頸がんの診断が多い…

    年齢が高い女性ほど進行した子宮頸がんの診断が多く、長期の生存率も若い女性に比…

  6. 不眠症の科学

    不眠症のない人でも、ぐっすり休むのに苦労することがあります。狂った仕事のスケ…

  7. 認知症とアルコール

    JAMA NetworkOpenによって2019年9月27日にオンラインで…

  8. 小さなリンゴでも糖尿病を防ぐのに役立つかもしれま…

    BMJが2020年7月8日にオンラインで公開した研究によると、果物と野菜の…

PAGE TOP