menu

英国では、骨盤臓器脱メッシュ手術のリスクの認識を高めるために全国キャンペーングループが発足

世界に先駆けて骨盤臓器脱メッシュ手術の危険性を政府が認めた英国では、手術のリスクを国民にわかってもらおうとキャンペーングループが発足しました

Vaginal mesh: ‘No-one believed my pain’
By Marie-Louise Connolly
BBC News NI Health Correspondent

アントリム州出身のイボンヌ・マッキントッシュさん(61歳)は、メッシュが彼女の人生をひっくり返したとBBCニュースNIに語った。

「私はメッシュで何年もの間痛みを感じてきました」と彼女は言いました。「それは私の太ももから私の膣まで切り抜けました。」

「私の結婚の感情的な側面は言うまでもなく、両足には灼熱感があります。」

こうした女性の声を取り上げているBBC特集です

医学的な統計上もメッシュの利点はないとする

医学誌BJOGで報告された論文では、著者らは、検証されていない一次結果と最小化アルゴリズムおよびモデリングを利用して、メッシュキットグループがネイティブの組織グループよりも罹患率が高い介入前の不十分な試験を報告しました。これらはすべて、差異が見つからない可能性を高めるのに役立ちます。グループ間、またはメッシュキットグループに利点はありません

と研究成果をだしています。

BJOG Exchange Free Access
Re: Mesh inlay, mesh kit or native tissue repair for women having repeat anterior or posterior prolapse surgery: randomised controlled trial (PROSPECT)
Christopher Maher Gunter Hartel
First published:28 May 2020 https://doi.org/10.1111/1471-0528.16301

脚のストレッチは血流を改善し、脳卒中を防ぐ可能性があります

前糖尿病を特定することは、心臓病のリスクを減らすことにつながる可能性があります

関連記事

  1. 間質性膀胱炎の統計調査と男女比

    間質性膀胱炎は女性に多い病気です。人口に対する間質性膀胱炎の比率を出すために…

  2. 間質性膀胱炎の治療のためのフラヌマブ研究

    神経成長因子に対するヒトモノクローナル抗体であるフルラヌマブは、あたらしい…

  3. 間質性膀胱炎の高圧酸素治療:前向きパイロット研究…

    間質性膀胱炎に対して高圧酸素治療をする初期の論文です6人の患者が高…

  4. 網膜前膜患者は片眼で物を見る動作が多いことがわか…

    JAMAに報告された新しい報告では、網膜前膜(ERM)成人患者135例を対…

  5. 年齢が高い女性ほど進行した子宮頸がんの診断が多い…

    年齢が高い女性ほど進行した子宮頸がんの診断が多く、長期の生存率も若い女性に比…

  6. 不眠症の科学

    不眠症のない人でも、ぐっすり休むのに苦労することがあります。狂った仕事のスケ…

  7. 認知症とアルコール

    JAMA NetworkOpenによって2019年9月27日にオンラインで…

  8. 小さなリンゴでも糖尿病を防ぐのに役立つかもしれま…

    BMJが2020年7月8日にオンラインで公開した研究によると、果物と野菜の…

PAGE TOP