menu

カフェインと妊娠:BMJのメタアナリシスでは、やはり控えた方がいい

カフェインは歴史上最も広く向精神薬として使われてきました。調査によると、消費者には妊婦が大多数含まれています。しかし、カフェインの薬理学の知識は、母体がカフェイン中毒になった場合、潜在的な胎児への危害について直接的な証拠データを提供してきました。

カフェインは母体に影響を及ぼす

過去20年間に発表された14論文以上のメタアナリシスは、カフェインに関連した重大な危害のリスクの増加を満場一致で報告しています。観察研究とメタアナリシスの両方の中で、原因を示唆する有意な用量反応関連の報告が頻繁にあり、それ以下では関連がない消費の閾値がないという報告が頻繁にあります。

1980年に、米国食品医薬品局(FDA)は、げっ歯類におけるカフェイン誘発性の催奇形性効果の発見に、妊婦に薬物を制限または控えるように忠告する警告を発することによって対応しました。その警告は、食品、食品添加物、および農薬企業の業界で設立されたグローバルアライアンスであるInternational Life Sciences Institute(ILSI)からの迅速な対応を引き出しました。

一方で、適度なカフェインは胎児に影響なしとする立場も

権威ある国際的な情報源ワシントンDCに本社を置くILSIは、National Coffee Association、American Beverage Associationなどとの長年にわたる提携を通じて、胎児の健康と発達にほとんどまたはまったく脅威を与えない良性物質としてカフェインを認めてきました。

過去の論文をまとめると、やはり

Evidence synthesis
Maternal and child health
Maternal caffeine consumption and pregnancy outcomes: a narrative review with implications for advice to mothers and mothers-to-be
http://orcid.org/0000-0003-3918-062XJack E. James

このBMJの論文では、『カフェインと妊娠』は、客観的測定(カフェイン曝露のバイオマーカーや臨床的に確認された結果など)を統計に使いました。統計に使われた因子は、母親の喫煙、妊娠症状(吐き気や嘔吐など)です。

研究は主にカフェイン曝露の測定が妊娠結果の知識に先行する前向きコホート研究で構成されているため、想起バイアスはカジュアルな推論に対する持続可能な脅威を提示しません。同様に、前向き測定により、喫煙が深刻な交絡の原因となる可能性が低いことが示されただけでなく、非喫煙者および非喫煙者における重大なカフェイン関連の負の妊娠結果の頻繁な報告により、喫煙は交絡因子として決定的に否定されました。妊娠の症状は、健康な妊娠の結果の予測因子であると同時に、カフェイン摂取量の自発的な減少を促すことが多いため、交絡のもっともらしい原因です。

これらの統計では、観察研究とメタアナリシスからの広範な科学的証拠は、流産、死産、低出生体重児については否定的な結果をしめしました。小児期の急性白血病、および小児期の過体重と肥満には不明としました。

そのため、妊娠中の女性と妊娠を考えている女性は、カフェインを避けるようにアドバイスされるべきです。

COVID-19診療で研修医の燃え尽き症候群が増加

血圧の薬は、虚弱な高齢者でも寿命を延ばす可能性があります

関連記事

  1. 太極拳は女性の骨を守ります

    Journal of the American Geriatrics Soc…

  2. 最近の試験では、間質性膀胱炎に対するDMSO膀胱…

    ジメチルスルホキシド(DMSO)は、間質性膀胱炎/膀胱症候群(IC / P…

  3. 英国政府は再びメッシュ使用を認めたが、英国トップ…

    NICEガイドラインのリリースにより、MESHをNHSで再び使用できるよう…

  4. アルツハイマー認知症とリンゴ

    2020年4月22日にオンラインで公開されたThe America…

  5. 更年期障害の症状と胃食道逆流症(GERD)の関連…

    最近の研究によると、更年期障害の症状に対してホルモン療法を行っている女性は、…

  6. 腹腔鏡メッシュ挿入骨盤臓器脱手術直後の直腸の激し…

    フランスの医師らは腹腔鏡でのメッシュ挿入による副作用もあることを報告してい…

  7. 便秘があると心血管疾患リスクが上昇するらしい

    英国の医学誌BMJに報告された最新の論文によると、デンマークの病院および外…

  8. 頭痛

    頭痛は非常に一般的であるという事実にもかかわらず、医師は頭痛が発生する理…

PAGE TOP