menu

心臓発作の薬が変形性関節症に効果があるのでは?

医学誌Ann Intern Medに発表された論文は、心臓発作の薬の意外な効果を発見したと報告しました。

Effects of Interleukin-1β Inhibition on Incident Hip and Knee Replacement : Exploratory Analyses From a Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled Trial. Ann Intern Med. 2020 Oct 6;173(7):509-515.

100種類以上の関節炎のどれに依存するので混乱します。私たちは何十年もの間、関節リウマチを遅らせる薬を持ってきました。実際、FDAが承認した12種類以上の薬は、関節リウマチの人の関節の損傷を軽減または停止させることができます。また、別の一般的なタイプの関節炎である痛風を遅らせたり止めたりするための効果的な薬もあります。

変形性関節症の関節変性を遅らせることができる薬は、それができるので、長い間関節炎治療の聖杯でした

  • 何百万人もの人々の痛みを和らげ、苦しみを和らげます
  • 変形性関節症に伴う機能の喪失を防ぐのに役立ちます
  • それに伴うリスク、費用、および回復に必要な時間とともに、手術の必要性を減らします。

心臓病の研究は、変形性関節症の新しい治療法を特定したかもしれません

アナルズオブインターナルメディシンに発表された新しい研究によると、そのような治療法が存在する可能性があり、他の状態を治療するためにすでに使用されています。研究者らは、カナキヌマブという薬が以前に心臓発作を起こした人に有益であるかどうかを最初に調べた10,000人以上のデータを再分析しました。そうです、関節炎ではなく心臓発作です。

カナキヌマブは、炎症に密接に関与する物質であるインターロイキン-1を阻害します。そして、増加する証拠は、炎症が心血管疾患のリスクを高め、将来の心血管障害を予測する可能性があることを示唆しています。すべての研究参加者は以前に心臓発作を起こしていました。さらに、体内の炎症の指標である血中C反応性タンパク質(CRP)レベルが上昇していました。

3か月ごとに、各人はカナキヌマブまたはプラセボのいずれかのいくつかの用量のいずれかの注射を受けました。カナキヌマブは心臓病に効果があるようでした。カナキヌマブを150mg投与した患者では、約4年間で心血管合併症(心臓発作、脳卒中、または心血管死の繰り返し)が有意に少なかったことがわかりました。残念ながら、カナキヌマブ治療を受けた被験者では致命的な感染症の発生率も高かったのです

カナキヌマブのこの研究の別の見方

再分析では、カナキヌマブを投与された患者の変形性関節症による股関節または膝関節置換術の割合と、プラセボを投与された患者の割合を比較しています。研究の著者は、カナキヌマブは炎症を軽減するので、変形性関節症の人の関節に見られる炎症を助け、同時に心血管系の利益ももたらすと考えました。

変形性関節症は、長い間、摩耗、加齢、および非炎症性の関節疾患と見なされてきました。しかし、過去10年ほどにわたって、研究により、変形性関節症である程度の炎症が発生することが示されています。したがって、カナキヌマブのような薬が変形性関節症に有効であると考えるのはそれほど難しいことではありません。この薬は、特定の形態の小児関節炎を含む多くの炎症状態に対してすでに承認されています。

この新しい研究の結果は私を驚かせました。約4年間で、カナキヌマブを投与された患者は、プラセボを投与された患者よりも股関節または膝関節置換術を受ける可能性が少なくとも40%低くなりました。

注意:これらの結果は暫定的なものです

カナキヌマブ治療による変形性関節症の有効性を宣言する前に、この試験が現実的でない部分があることを認めることが重要です。どのような論文もかならず自分の欠点をしっかりのべます。それは以下です

変形性関節症の人々の治療試験ではありませんでした。参加者の80%以上は変形性関節症の病歴がありませんでした。
変形性関節症の診断を確認するために治療の前後にX線または他の画像検査を比較しなかった、または治療がその進行を遅らせたことを示した
関節痛が治療前に存在したのか、治療後に改善したのかを評価しませんでした。カナキヌマブを服用している人の関節置換術が少なかった理由は、薬が関節の損傷を遅らせるのではなく、痛みを軽減したためである可能性があります。おそらく、薬は関節の損傷の進行を遅らせることなく症状を軽減することにより、関節置換術の必要性を遅らせることができます。
約4年続きました。それがもっと長く続いていたら、結果は異なっていたかもしれません。
以前に心臓発作を起こし、CRPが上昇した人のみが含まれていました。この結果は、心血管系の問題や正常なCRPの病歴がない人には当てはまらない場合があります。
カナキヌマブが実際に変形性関節症を遅らせることができるかどうかを知るには、変形性関節症の人々を登録し、カナキヌマブまたはプラセボによる治療後の症状とX線を比較する適切な試験が必要です。

オルガスムについて医学的に取り組むこと

心房細動へのアブレーションは認知症リスクを低下させる

関連記事

  1. がんサバイバーの睡眠は治療後ずっと影響を受けます…

    がんの診断とその集中的な治療のストレスが過ぎると、人生が正常に戻ることが期待…

  2. 間質性膀胱炎が高圧酸素療法で改善できる可能性

    日本の大阪市立大学は、間質性膀胱炎に対して高圧酸素療法による治療を成功させ…

  3. 経腟分娩は、骨盤底障害を起こしやすい

    経膣分娩と帝王切開分娩後の骨盤底の罹患率について調べた論文があるスペ…

  4. 網膜前膜患者は片眼で物を見る動作が多いことがわか…

    JAMAに報告された新しい報告では、網膜前膜(ERM)成人患者135例を対…

  5. GSM(閉経関連性器泌尿器症候群)に膣レーザー治…

    ストレス性尿失禁(SUI)や外陰膣萎縮(VVA)など閉経関連泌尿生殖器症候…

  6. 勃起不全について医師に相談してください

    EDに関する不安を伝えるためのヒントを以下に示します。勃起不全は経…

  7. 寝すぎも寝不足も認知症になりやすい

    英国(English Longitudinal Study of Agei…

  8. 全身を脅かす可能性のある隠れた歯科疾患の危険性

    虫歯や歯周病は、脳や心臓の感染症など、深刻な健康問題を引き起こす可能性があ…

PAGE TOP