menu

60歳以上の女性で切迫性・混合性尿失禁が増加傾向

2005年から13年間の20歳以上の米国女性1万9791人を対象した研究では、腹圧性尿失禁・切迫性尿失禁・混合性尿失禁の加重有病率を推定したところ、切迫性尿失禁・混合性尿失禁が増えていた。

 

増えたのは、切迫性尿失禁と混合性尿失禁

2017-2018年の有病率は、腹圧性尿失禁45.9%、切迫性尿失禁31.1%、混合性尿失禁18.1%。

2005-2018年では、腹圧性および混合性尿失禁の全体的な有病率は変化していない

しかし、60歳以上の女性では混合性尿失禁の有病率が上昇した(P=0.001)。

切迫性尿失禁の有病率は、特に60歳以上の女性で有意に上昇した(P=0.002)。

 

腹圧性尿失禁の治療には細心の注意を

この論文から言えることは、腹圧性尿失禁を治療する場合、混合性尿失禁が悪化してしまうケースがあるため、慎重に治療すべきであるということ。

 

前立腺がんのPSAスクリーニングを継続するべきか?

スマートフォンアプリとトラッカーは、身体活動を促進するのに役立つ

関連記事

  1. 喫煙は心血管リスクを伴います

    『私は本当に喫煙者ではありません。私は一日に数本のタバコを吸うか、週末に外…

  2. 毎日の運動は癌による死亡を減らすかもしれません

    JAMA Oncologyが 2020年6月18日にオンラインで公開した研…

  3. カフェインと妊娠:BMJのメタアナリシスでは、や…

    カフェインは歴史上最も広く向精神薬として使われてきました。調査によると、消…

  4. 女性の心臓発作

    心臓発作は男性と女性の両方に起こりますが、女性によく見られます。しかし、多…

  5. 運動は膀胱脱(膀胱瘤)を引き起こしますか?

    膀胱が骨盤から落ちて膣内に突き出ると、膣から脱出したと言われます。膀胱瘤(…

  6. ウロダイナミック検査って、何ですか?

    ウロダイナミック検査(尿流動態検査)は、膀胱、括約筋、および尿道が、尿をどの…

  7. 英国では、骨盤臓器脱メッシュ手術のリスクの認識を…

    世界に先駆けて骨盤臓器脱メッシュ手術の危険性を政府が認めた英国では、手術の…

  8. 全身を脅かす可能性のある隠れた歯科疾患の危険性

    虫歯や歯周病は、脳や心臓の感染症など、深刻な健康問題を引き起こす可能性があ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP