menu

帝王切開による出産でも尿トラブルはおきますか?

帝王切開は、赤ちゃんが生まれてからの回復時間が長くなることを意味しますが、咳やくしゃみをするときにいつか足を組む必要が少なくなる可能性があります。

2018年12月18日発行のJAMAの調査によると、帝王切開で最初の赤ちゃんを出産した女性は、腹圧性尿失禁(咳やくしゃみをすると尿が漏れる)や過活動膀胱を発症するリスクが経腟分娩の半分でした。

この調査結果は、1,500人以上の女性の出産情報に基づいています。これらのうち、778人は帝王切開で、565人は自然分娩でした。残りの185人は、手術による分娩、または医師が鉗子などを使用して赤ちゃんを分娩する必要があるものとして知られているものを持っていました。

研究者は、女性が骨盤底障害を発症したかどうかを判断するために、最大9年間女性を追跡しました。骨盤底は、骨盤内の筋肉と結合組織であり、内臓を支えます。

腹圧性尿失禁と過活動膀胱の発生率が低いことに加えて、帝王切開を受けた女性は、膣出産グループと比較して骨盤臓器脱を経験するリスクが70%低くなりました。この状態では、子宮頸部と子宮が骨盤腔から膣腔に落下します。逆に言えば、30%はリスクは同じということです。

骨盤底障害は治療可能であることに注意することが重要です。運動はいくつかの症状を和らげるために筋肉を強化するのに役立つかもしれません。

ネオジムYAGレーザーによる間質性膀胱炎の治療:ロシアでの研究

限局性前立腺がんの前立腺摘出手術が必要か否か?の論争

関連記事

  1. 太極拳は女性の骨を守ります

    Journal of the American Geriatrics Soc…

  2. 間質性膀胱炎に対する微弱な膣ヤグ・レーザー治療

    日本の研究チームは、かねてからレーザー治療が間質性膀胱炎潰瘍の炎症に有効…

  3. 尿道憩室切除をした後の尿失禁は、人工メッシュテー…

    尿道憩室はわかい女性にも多く存在する治療しにくい病気です。先天的に尿道の脇…

  4. アルツハイマー認知症とリンゴ

    2020年4月22日にオンラインで公開されたThe America…

  5. 更年期障害の症状と胃食道逆流症(GERD)の関連…

    最近の研究によると、更年期障害の症状に対してホルモン療法を行っている女性は、…

  6. 腹腔鏡メッシュ挿入骨盤臓器脱手術直後の直腸の激し…

    フランスの医師らは腹腔鏡でのメッシュ挿入による副作用もあることを報告してい…

  7. 便秘があると心血管疾患リスクが上昇するらしい

    英国の医学誌BMJに報告された最新の論文によると、デンマークの病院および外…

  8. 頭痛

    頭痛は非常に一般的であるという事実にもかかわらず、医師は頭痛が発生する理…

PAGE TOP