menu

最近の試験では、間質性膀胱炎に対するDMSO膀胱注入とコンドロイチン硫酸2%膀胱注入を比較できていません。

ジメチルスルホキシド(DMSO)は、間質性膀胱炎/膀胱症候群(IC / PBS)に対して米国食品医薬品局によって承認された唯一の膀胱点滴薬です。一方、コンドロイチン硫酸膀胱点滴は、治療での使用がカナダとヨーロッパの両方で承認されています。

Tutolo, Manuela, Ammirati, Enrico, Castagna, Giulia, Klockaerts, Katrien, Plancke, Hendrik, Ost, Dieter, Aa, Frank Van der, & Ridder, Dirk De. (2017). A prospective randomized controlled multicentre trial comparing intravesical DMSO and chondroïtin sulphate 2% for painful bladder syndrome/interstitial cystitis. International braz j urol, 43(1), 134-141.

IC / PBSの。どちらの薬剤も、膀胱のグリコサミノグリカン(GAG)層の修復に重要な役割を果たしているようです。これは、IC患者でしばしば損傷または悪化します。以前の研究では、コンドロイチン硫酸膀胱点滴注入の使用による患者の改善が示されていますが、その使用を裏付ける統計的有意性を実証できた研究はありません。

この最新の試験は、膀胱点滴治療のためのDMSOとコンドロイチン硫酸の使用を比較することを目的としていましたが、DMSOによる耐え難い副作用の結果として研究からの離脱率が高かったため、完了前に中止されました。

最も一般的な副作用は痛みと排尿障害であり、あまり一般的ではありませんが厄介な副作用は、点眼後最大7時間の強いニンニクの体臭でした。

しかし、治療が中止される前は コンドロイチン硫酸2%を投与された患者は、痛みの軽減と夜間の頻尿の改善を示しました。コンドロイチン硫酸2%の使用も最小限の副作用を示しました。

この試験は、膀胱注入における硫酸クロンドロイチンの使用の可能性を示していますが、特に他の膀胱注入オプションと比較して、さらなる研究が必要です。

間質性膀胱炎の治療のためのフラヌマブ研究

男性と間質性膀胱炎

関連記事

  1. 新しいアルツハイマー病薬が承認されました。

    2021年6月7日、米国FDAはアルツハイマー病に対して18年ぶりの薬剤の承…

  2. 太極拳は女性の骨を守ります

    Journal of the American Geriatrics Soc…

  3. 間質性膀胱炎に対する微弱な膣ヤグ・レーザー治療

    日本の研究チームは、かねてからレーザー治療が間質性膀胱炎潰瘍の炎症に有効…

  4. 英国政府は再びメッシュ使用を認めたが、英国トップ…

    NICEガイドラインのリリースにより、MESHをNHSで再び使用できるよう…

  5. アルツハイマー認知症とリンゴ

    2020年4月22日にオンラインで公開されたThe America…

  6. 更年期障害の症状と胃食道逆流症(GERD)の関連…

    最近の研究によると、更年期障害の症状に対してホルモン療法を行っている女性は、…

  7. 腹腔鏡メッシュ挿入骨盤臓器脱手術直後の直腸の激し…

    フランスの医師らは腹腔鏡でのメッシュ挿入による副作用もあることを報告してい…

  8. 人工股関節置換術後、マラソンはできますか?

    人工股関節置換術は、股関節がすり減った人の痛みを和らげ、機能を改善するのに…

PAGE TOP