menu

スクリーニングのマンモグラフィは何歳まで続けますか?

ほとんどの女性は、不快でストレスを感じる可能性のある日常的なマンモグラムを楽しみにしていません。

多くの専門家は、75歳を超えてマンモグラフィを継続することは正しい選択ではないかもしれないことにも同意しています。本当の問題は、個々のニーズに基づいて停止するのに適切な年齢は何歳かということです。決定するには、乳がん検診の潜在的なリスクと利点の両方を理解する必要があります。

決定を比較検討する

毎年診断される女性の約半数は60歳以上であり、20%は70歳以上です。しかし、75歳以上の女性では新しい癌の発生率がわずかに低下しているようです。

European Journal of Public Healthの2012年の研究では、75歳以上の女性の約3.3%が乳がんと診断されることがわかりました。それらの女性のうち、3人に1人がこの病気で亡くなります。

高齢の女性の乳がんは、若い女性に見られる乳がんよりも治療が容易なことがよくあります。実は、高齢の女性の乳がんはエストロゲン受容体陽性である傾向があります。これは、治療が必ずしも化学療法を必要としないことを意味しています。医師は代わりにホルモン療法を使用できる可能性があるかあらです。

ホルモン療法には、体のエストロゲン産生を遅らせるアロマターゼ阻害剤として知られる種類の薬剤が含まれることがよくあります。別の選択肢であるタモキシフェンは、エストロゲンが癌細胞に侵入して増殖を促進するのを防ぎます。

考慮すべき欠点

マンモグラムのスクリーニングは、特に早期に癌を明らかにすることにより、確かに年配の女性に利益をもたらしますが、リスクもあります。

誤検知のリスク。

マンモグラムはスクリーニング検査であり、できるだけ多くの癌を検出するように設計されています。スクリーニング検査では、できるだけ多くの癌を発見するために、意図的に特定の数の偽陽性があります。偽陽性(癌がない場合でも異常に見えるマンモグラム)は、さらなる検査または生検を提案するkとおになります。これは、一部の高齢患者ではストレスがかかります。この追加の精密検査で癌の不安が取り除かれたとしても、それでもストレスや身体的不快感を引き起こします。

過剰治療の可能性

マンモグラフィによって発見された初期または前癌状態の中には、女性が何年も一緒にその細胞があっても、決して致命的になることはないかもしれません。非浸潤性乳管がん、乳管の外側に拡がっていない非浸潤性のがん(生命を脅かすがんになる場合とならない場合があります)が含まれます。異型過形成と呼ばれる前癌状態; 乳房の石灰化は、乳房内のカルシウム沈着物であり、がんを示すことがあります。

心配とストレス。

マンモグラフィは、特に女性が異常な所見で追加検査になったことで、ストレスを感じる可能性があります。生検を含む侵襲的な診断手順を受ける必要性を促す可能性があり、それは時々不必要であることが判明する。

治療の身体的ストレスと副作用

がんの治療には、手術(腫瘍を切除する乳腺腫瘤摘出術や片方または両方の乳房を切除する乳房切除術など)、放射線療法、または化学療法の組み合わせが必要になる場合があります。一部の高齢の女性はこれらの治療に耐えることができますが、耐えるができない女性もいます。しかし、それは、80代の人々の癌を決して治療してはならないという意味ではありません。治療により健康状態がより悪くならないように、副作用と利益のバランスを考慮する必要があります。

VIEW medical site膀胱訓練は本当に有益ですか?

心臓手術後のオピオイドは注意

関連記事

  1. 間質性膀胱炎の統計調査と男女比

    間質性膀胱炎は女性に多い病気です。人口に対する間質性膀胱炎の比率を出すために…

  2. 最近の試験では、間質性膀胱炎に対するDMSO膀胱…

    ジメチルスルホキシド(DMSO)は、間質性膀胱炎/膀胱症候群(IC / P…

  3. 高圧酸素療法とは、何ですか?

    高圧酸素療法では、加圧された部屋またはチューブで純粋な酸素を呼吸します。高…

  4. 網膜前膜患者は片眼で物を見る動作が多いことがわか…

    JAMAに報告された新しい報告では、網膜前膜(ERM)成人患者135例を対…

  5. 年齢が高い女性ほど進行した子宮頸がんの診断が多い…

    年齢が高い女性ほど進行した子宮頸がんの診断が多く、長期の生存率も若い女性に比…

  6. 不眠症の科学

    不眠症のない人でも、ぐっすり休むのに苦労することがあります。狂った仕事のスケ…

  7. 認知症とアルコール

    JAMA NetworkOpenによって2019年9月27日にオンラインで…

  8. 小さなリンゴでも糖尿病を防ぐのに役立つかもしれま…

    BMJが2020年7月8日にオンラインで公開した研究によると、果物と野菜の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP