menu

結腸癌を克服するために

推奨されるスクリーニングガイドラインに従えば、最も致命的な癌の1つを治癒可能な段階で予防または検出できます。

 

年齢が重要

米国がん学会 American Cancer Society(ACS)の最新の結腸がんスクリーニングガイドラインは、平均的なリスクのある人々に対して次のことを示めしています。

 

  • 45歳で定期的なスクリーニングを開始する必要があります。
  • 75歳まで定期的な結腸がん検診を継続する必要があります。
  • 76〜85歳の人の場合、スクリーニングは、個人の考え方、平均余命、健康状態、および過去のスクリーニングの結果に基づいて行う必要があります。
  • 85歳を過ぎると、利益よりも害を及ぼす可能性が高いため、定期的なスクリーニングを中止する必要があります。

これは「平均的なリスク」であることに注意することが重要です。これは、結腸ポリープがなく、結腸癌の家族歴がなく、潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患と診断されていない人々を意味します。

 

視覚的テスト

視覚的に判断する方法は、CTスキャンを使用して直接または仮想的に結腸の内部を見ること、および内視鏡です。

結腸内視鏡検査。ポリープと早期結腸癌のスクリーニングのゴールドスタンダードは結腸内視鏡検査です。結腸全体を最も包括的に見ることができます。

指の太さ程度の薄くて柔軟なチューブが結腸内で操作されます。最後のビデオカメラは、モニターに写真を送信します。ポリープが見られた場合、医師はそれらを生検するか、取り除くことができます。試験には約30分かかります。

異常に関するポリープやその他の症状がなければ、結腸内視鏡検査をさらに毎年繰り返す必要はありません。前癌性ポリープが除去された場合、約3〜5年以内に別の結腸内視鏡検査を提案する場合があります。

結腸内視鏡検査の欠点は、侵襲性が低く、鎮静が必要で、準備が面倒なことです。便の結腸をきれいにするために、少なくとも1日は「腸の準備」を行う必要があります。

 

軟性S状結腸鏡検査。これは結腸内視鏡検査に似ていますが、ビデオカメラが短くて細いチューブに取り付けられている点が異なります。

通常の結腸内視鏡検査と同様に腸の準備が必要ですが、直腸と下部結腸のみが便をきれいにする必要があるため、より簡単です。手順は通常、鎮静を必要としません。

欠点は、結腸の下3分の1しか検査できないことです。これはポリープがよく見られる結腸領域ですが、結腸全体の情報はてにはいりません。医師は検査された領域からのみポリープを取り除くことができます。」何も見つからない場合は、5年ごとにテストが繰り返されます。

 

CTコロノグラフィー。ここでは、医師はCTスキャンを使用して結腸全体を表示します。結腸内視鏡検査と同様の腸の準備が必要ですが、鎮静は必要ありません。ポリープが見つからない場合、検査は5年ごとに行われることがよくあります。

CTコロノグラフィの主な魅力は、従来の結腸内視鏡検査と比較して、結腸全体を見る侵襲性が低いことです。しかし、欠点があります。たとえば、ポリープを見逃したり過大評価したりする可能性があります。そして、ポリープが見つかった場合、結腸内視鏡検査が必要になります。

 

従来の結腸内視鏡検査は、特に一度も経験したことがない場合は、常にあなたの一番の選択と考えるべきです。それでも、重大な心臓病やその他の根本的な健康状態のために合併症のリスクが高まるなど、結腸内視鏡検査を受けられない理由があるかもしれません。これらの場合、定期的なS状結腸鏡検査またはCTコロノグラフィーが合理的な代替手段です。

 

便のテスト

便の検査です。これらは、簡単に行うことができ、腸の準備を必要としないため、一般的におこなわれます。欠点は、結腸内視鏡検査ほど正確ではなく、偽陽性の結果(つまり、そこにない問題を示す結果)のリスクを冒すことです。完全な結腸内視鏡検査の準備ができていないが、何らかの方法でスクリーニングしたい人に最適です。

これらは3種類の便検査であり、すべて自宅で行われ、分析のために診療所または検査室に戻されます。

Guaiacベースの便潜血検査(gFOBT)。便中の血、ポリープや癌の兆候の可能性を検出できるグアヤクと呼ばれる物質でコーティングされたテストカードに便のサンプルを置きます。多くの場合、毎年行われます。

糞便免疫化学検査(FIT)。gFOBTと同様に、この検査では便のサンプルを使用しますが、隠れた血液を見つけるための抗体があります。また、毎年行われます。

マルチターゲット便DNA検査。ブランド名Cologuardとしても知られ、便中の変化したDNAを探すテストとFITを組み合わせています。便のサンプル全体をラボに送ります。それは1〜3年ごとに行われます。

繰り返しになりますが、便検査の結果が陽性の場合は、その後の結腸内視鏡検査が必要になることに注意してください。

 

 

 

 

顔マスクの不快感への対処

太極拳は女性の骨を守ります

関連記事

  1. 骨粗しょう症ビスフォスネート長期服用で非定型骨折…

    カリフォルニア大学の研究者らが医学誌NEJMに投稿した論文によると、骨粗しょ…

  2. 限局性前立腺がんの前立腺摘出手術が必要か否か?の…

    根治的前立腺全摘除術は、臨床的に限局性前立腺癌が検出された男性の死亡率を低…

  3. 喫煙は心血管リスクを伴います

    『私は本当に喫煙者ではありません。私は一日に数本のタバコを吸うか、週末に外…

  4. 経腟分娩は、骨盤底障害を起こしやすい

    経膣分娩と帝王切開分娩後の骨盤底の罹患率について調べた論文があるスペ…

  5. 痛みを感じる女性は多い

    線維筋痛症、間質性膀胱炎、片頭痛、関節炎など、慢性的な痛みを引き起こす多くは…

  6. 行動療法は過活動膀胱の症状を和らげることができま…

    しかし、2020年1月13日にJAMA内科によってオンラインで公開された研…

  7. 風邪かなとおもったら、はちみつをためしてみてくだ…

    医学誌BMJ2020年8月18日にオンラインで公開された研究のレビューを示唆…

  8. ウエストサイズが大きいと、認知症のリスクを示す可…

    医学誌Obesity 2019年11月に発表された韓国の研究では、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP