menu

男性の健康

  1. がんサバイバーの睡眠は治療後ずっと影響を受けます

    がんの診断とその集中的な治療のストレスが過ぎると、人生が正常に戻ることが期待されます。しかし、これは…

  2. 大規模なレビュー研究では、前立腺生検後の勃起不全のリスクが低い

    癌をチェックするために前立腺生検を行うことは不安です.しかし、副作用のリスクが低くなっていま…

  3. アスピリンが大腸がんの予防になるとされる研究

    JAMAオンコロジーにて2021年に発表された、ハーバード大学の研究によると、アスピリンは大腸がんを…

  4. 限局性前立腺がん治療の長期QOL低下について

    Prostate Cancer Care and Outcomes Study(PCOS)(オースト…

  5. 前立腺がんのPSAスクリーニングを継続するべきか?

    年齢に関係なく、男性は、PSA(前立腺特異抗原)の血液検査を受けて隠れた前立腺がんを探します。…

  6. ウロダイナミック検査って、何ですか?

    ウロダイナミック検査(尿流動態検査)は、膀胱、括約筋、および尿道が、尿をどの程度蓄積して放出している…

  7. 前立腺がんをテストする新しい方法

    前立腺特異抗原(PSA)血液検査は、前立腺癌と診断された男性の疾患活動性を監視する効果的な方法として…

  8. 前立腺がん患者では新型コロナウイルス死が多いというのは本当?

    2020年新型コロナウイルス感染が、世界に広がった直後、イタリアにて剖検による研究がされました。当時…

  9. より大きな認知リスクと関連する抗コリン薬

    Neurologyによって2020年9月2日にオンラインで公開されました論文によると、抗コリン薬はよ…

  10. 男性の慢性骨盤痛症候群

    50歳を過ぎると、男性はしばしば骨盤臓器に不快感を覚えます。骨盤や性器の内外のけいれん、痛み、または…

  11. 血液検査で、症状が現れる前にアルツハイマー病を見つけることができるようになるでしょう

    JAMAが2020年7月28日にオンラインで公開した調査結果によると、p-tau217と呼ばれる新し…

  12. 結腸癌を克服するために

    推奨されるスクリーニングガイドラインに従えば、最も致命的な癌の1つを治癒可能な段階で予防または検出で…

  13. 間質性膀胱炎に使う鎮痛剤を服用するときは、副作用に注意してください

    多くの人は、頭痛や筋肉の緊張のために薬棚に鎮痛剤をストックしています。泌尿器科の分野では、間質性膀胱…

  14. ブロッコリーと芽キャベツ好きには朗報です

    The British Journal ofNutritionによって7月17日にオンラインで公開さ…

  15. ハーバード大学は、オンラインモデル(人口知能)で前立腺生検を減らす計画

    癌があるかどうかの診断には、標準的なのは繰り返し生検を行うことですが、これは費用がかかり、不快であり…

  16. 前立腺がんの診断に、MRIが生検より有効なケース

    医学誌Eur Urolに報告されている研究では、前立腺特異抗原(PSA)値上昇が見られる前立腺がん疑…

  17. 線維筋痛症は腸内細菌を変えると改善する

    マギル大学の研究者は、腸内細菌の病気の生物学的マーカーと血中の炎症性微生物因子を初めて特定したと報…

  18. 便失禁

    意図せず便が直腸から漏れることを便失禁といいます。通常の状況では、便は直腸と呼ばれる大腸の端部に入…

さらに記事を表示する
PAGE TOP