menu

ウロダイナミック検査って、何ですか?

ウロダイナミック検査(尿流動態検査)は、膀胱、括約筋、および尿道が、尿をどの程度蓄積して放出しているかを調べる検査です。ほとんどの尿流動態検査は、膀胱が尿を保持し、着実かつ完全に空にする能力に焦点を合わせています。尿流動態検査は、尿漏れを引き起こす膀胱の不随意の収縮の有無もあきらかになります。症状が次にあげるような症状(下部尿路症状(LUTS))の場合には有効です

  • 尿漏れ
  • 頻尿
  • 痛みを伴う排尿
  • 突然の強い排尿衝動
  • 尿の流れを開始する際の問題
  • 膀胱を完全に空にする問題
  • 再発性尿路感染症

 

正確な測定のために、イメージング機器は膀胱の充満と排出の写真を撮り、圧力モニターは膀胱内の圧力を記録し、センサーは筋肉と神経の活動を記録します。医療提供者は、個人の健康情報、身体検査、およびLUTSに基づいて尿流動態検査の種類を決定します。

ほとんどの尿流動態検査は特別な準備を必要としませんが、一部の検査では水分摂取量を変更したり、特定の薬の服用を中止したりする必要がある場合があります。検査によっては、膀胱がいっぱいになった状態で検査を受けるように指示される場合があります。

 

 

尿流量測定

尿流量測定は、尿の速度と量の測定です。特別な装置が自動的に尿の量と流量、つまり尿が出る速さを測定します。尿流量測定装置には、尿を捕らえて測定するための装置と、データを記録するためのコンピューターが含まれています。尿流量測定試験中、尿量を測定する特別なトイレに排尿します。機器は、流量の変化を示すグラフを作成します。膀胱の筋肉が弱いか、尿の流れが遮断されている場合、この検査の結果は異常になります。

 

 

排尿後の残留測定

この尿流動態検査は、排尿後に膀胱に残っている尿の量を測定します。残尿と呼ばれます。無害な音波を使用して膀胱の画像を作成する超音波装置で測定できます。もしくは、細い柔軟なチューブで測定することもできます。医療提供者は、尿道から膀胱までカテーテルを挿入して、残っている尿の量を取り除き、測定します。100ミリリットル以上の残尿は、膀胱が完全に空になっていないことを示しています。

 

 

膀胱内圧測定(サイトメトリーテスト)検査

膀胱内圧測定テストでは、膀胱が保持できる尿の量、膀胱が尿を蓄えるときに膀胱内に蓄積される圧力、および排尿衝動が始まったときの満腹度を測定します。膀胱を完全に空にするためにカテーテルが使用されます。次に、特別な小さなカテーテルが膀胱に挿入されます。このカテーテルには、マノメーターと呼ばれる圧力測定装置があります。別のカテーテルを直腸に配置して、直腸内の圧力を記録することができます。

膀胱が完全に空になると、膀胱はゆっくりと温水で満たされます。この間、膀胱がどのように感じるかを説明し、排尿の必要性がいつ発生するかを示すように求められます。排尿衝動が発生すると、水の量と膀胱圧が記録されます。膀胱圧が変化するかどうかを確認するために、この手順中に咳や緊張を求められる場合があります。膀胱内圧測定検査では、不随意の膀胱収縮を特定することもできます。膀胱内圧測定検査は、局所麻酔のある医療提供者の診療所、診療所、または病院で実施されます。

 

 

尿流動態検査(リークポイント圧力測定検査)

この尿流動態検査は、膀胱内圧測定検査中の膀胱尿道の圧力を測定します。膀胱内圧測定検査のために膀胱が満たされている間、膀胱は突然収縮し、警告なしに尿意を感じることがあります。この漏れが発生したときに膀胱内の圧力を測定します。咳をしたり、体位を変えたり、鼻と口を押さえながら息を吐いたりして、膀胱に腹圧をかけるように求められることがあります。

 

 

筋電図

筋電図検査では、特別なセンサーを使用して、膀胱と括約筋の中および周囲の筋肉と神経の電気的活動を測定します。医療提供者が、尿の問題が神経または筋肉の損傷に関連していると考える場合、その人は筋電図検査を受ける可能性があります。センサーは、尿道と直腸の近くの皮膚、または尿道または直腸のカテーテルに配置されます。筋肉と神経の活動はコンピューターに記録されます。神経インパルスのパターンは、膀胱と括約筋に送信されるメッセージが正しく調整されているかどうかを示しています。センサーが皮膚に配置されている場合、麻酔は必要ありません。センサーが尿道または直腸カテーテルに配置されている場合は、局所麻酔が必要です。

 

 

Johnson&Johnsonアデノウイルスワクチン

mRNAワクチンとは何ですか?

関連記事

  1. 人工知能(AI)を使用して、早期乳がんの進展を予…

    American Journal of Physiology-Cell P…

  2. 骨粗しょう症ビスフォスネート長期服用で非定型骨折…

    カリフォルニア大学の研究者らが医学誌NEJMに投稿した論文によると、骨粗しょ…

  3. 低用量アスピリンと卵巣がんのリスク

    ハーバード大学の研究者らがJAMA Oncologyが2018年10月4日…

  4. 過活動膀胱症状と性機能を同時に治療することがトレ…

    J Obstet Gynecol 2017年に報告された台湾の産婦人科医ら…

  5. 間質性膀胱炎の各国のガイドラインの違い

    膀胱に尿がたまると痛みがある病気が間質性膀胱炎です。この病気は、痛みにともな…

  6. 間質性膀胱炎という病気を知ってますか?

    間質性膀胱炎は不可解な膀胱の状態であり、膀胱壁が炎症を起こしたり炎症を起こし…

  7. 男性と間質性膀胱炎

    間質性膀胱炎(IC)は、女性と男性の両方、そして女の子と男の子の両方に影響…

  8. 低活動膀胱を知っていますか?

    聞きなれない病名”低活動膀胱”低活動膀胱という病気は?膀胱収縮の減弱…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP