menu

チョコレートを食べて、体重を減らす?

ミルクチョコレートを毎日食べることは体重増加のレシピのように聞こえるかもしれませんが、閉経後の女性に対する新しいハーバード大の研究では、朝の時間にチョコレートを食べることは、体が脂肪を燃焼させ、血糖値を低下させるのに役立つ可能性があることを発見しました。

 

ブリガム&ウイメンズ病院の研究者は, 1日の異なる時間帯にミルクチョコレートを食べることの効果を調べることを目標にしました。彼らは、スペインのムルシア大学の研究者と協力しました。

研究者らは19人の閉経後女性の無作為化した2群を準備しました。午前中(起床時間後1時間以内)または夜間(就寝前の1時間以内)にチョコレート100gを消費した。彼らは体重増加とチョコレート摂取量を比較しました。

 

研究者は、研究した女性の間で次のことが報告されています。

1  朝または夜間のチョコレート摂取は体重増加につながらなかった。
2  朝や夕方にチョコレートを食べることは、空腹や食欲、微生物叢組成物、睡眠などにもっと影響を与えることができます。
3  朝の時間帯にチョコレートの高い摂取量は、脂肪を燃焼し、血糖値を低下させるのに役立ちます。
4  夕方/夜のチョコレートは、翌朝の休息と運動代謝を変更しました。

 

 

ボランティアは、カロリー摂取量が増えたにもかかわらず体重が増えませんでした。我々の結果は、チョコレートが以前の研究で示された空腹、食欲、お菓子への欲求の観察された減少と一致して、アドリビタムエネルギー摂取量を減少させたことを示しています

 

 

 

 

 

大規模なレビュー研究では、前立腺生検後の勃起不全のリスクが低い

新しいアルツハイマー病薬が承認されました。

関連記事

  1. 間質性膀胱炎のハンナ病変

    間質性膀胱炎で重症の人にあるハンナ病変は、痛みが強くでる原因になります。…

  2. 間質性膀胱炎の治療のためのフラヌマブ研究

    神経成長因子に対するヒトモノクローナル抗体であるフルラヌマブは、あたらしい…

  3. 間質性膀胱炎の高圧酸素治療:前向きパイロット研究…

    間質性膀胱炎に対して高圧酸素治療をする初期の論文です6人の患者が高…

  4. 私の痛む顎

    それはあなたの顔の側面の鈍い痛みを伴う痛みです。また、噛んだときに、はじけ…

  5. 年齢が高い女性ほど進行した子宮頸がんの診断が多い…

    年齢が高い女性ほど進行した子宮頸がんの診断が多く、長期の生存率も若い女性に比…

  6. 便秘があると心血管疾患リスクが上昇するらしい

    英国の医学誌BMJに報告された最新の論文によると、デンマークの病院および外…

  7. アルツハイマー認知症とリンゴ

    2020年4月22日にオンラインで公開されたThe America…

  8. オンライン医療:長所と短所

    通常、医師やその他の医療提供者は、診療所、診療所、病院などの施設で直接患者…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP