menu

一般医学

  1. 腸内細菌を調整すると、がん治療に対する反応が改善の可能性

    腸内細菌は、がん治療に役割を果たす可能性があります。がんの治療に反応の悪い人…

  2. 頭痛:知っておくべきこと と最新論文

    頭痛の原因は?定期的な頭痛のほとんどの発作は深刻ではなく、自分で治療することができます。しかし、…

  3. 新しいアルツハイマー病薬が承認されました。

    2021年6月7日、米国FDAはアルツハイマー病に対して18年ぶりの薬剤の承認をしました。これは、世…

  4. アスピリンが大腸がんの予防になるとされる研究

    JAMAオンコロジーにて2021年に発表された、ハーバード大学の研究によると、アスピリンは大腸がんを…

  5. 心臓病と脳卒中:リスクを下げる方法

    新年あけましておめでとうございます私たちの多くが心臓病と脳卒中について持っている…

  6. 痛くて壊れやすい歯茎を落ち着かせる簡単な解決策

    痛む、刺すような感覚は何日も長続きし、食べることを不快にする可能性があります。痛みが新しい場合は、診…

  7. 子犬の愛は心臓のパートナー

    このエビデンスは、Circulationの2019年10月号に掲載された2つの記事、Cardiova…

  8. 良好な口腔衛生は、アルツハイマー病からの保護に役立つ可能性があります

    医学誌Science Advancesに2019年1月23日投稿された論文では、歯肉炎(歯周病)は心…

  9. 間質性膀胱炎に対する微弱な膣ヤグ・レーザー治療

    日本の研究チームは、かねてからレーザー治療が間質性膀胱炎潰瘍の炎症に有効とされてきました。また、…

  10. ビスフェノールA(BPA)は短命に関連しています

    JAMA Network Openが2020年8月17日にオンラインで公開した研究によると、現在、高…

  11. 朝の一杯のコーヒーについて知っておくべき5つのこと

    2020年7月23日にニューイングランドジャーナルオブメディシンに掲載された最近の総説では、コーヒー…

  12. 結腸癌を克服するために

    推奨されるスクリーニングガイドラインに従えば、最も致命的な癌の1つを治癒可能な段階で予防または検出で…

  13. ブロッコリーと芽キャベツ好きには朗報です

    The British Journal ofNutritionによって7月17日にオンラインで公開さ…

  14. 糖尿病予備群を早期に特定することは、糖尿病やその他の長期的な健康問題を回避するのに役立ちます。

    糖尿病予備群(前糖尿病)は、血糖値が上昇しているが、糖尿病のしきい値を満たすには十分ではない状態です…

  15. 線維筋痛症は腸内細菌を変えると改善する

    マギル大学の研究者は、腸内細菌の病気の生物学的マーカーと血中の炎症性微生物因子を初めて特定したと報…

  16. 長期記憶における新しいキープレーヤーの発見

    マギル大学の多施設研究チームは、Natureに研究成果を報告しました。人間の記憶の統合中に…

  17. 便失禁

    意図せず便が直腸から漏れることを便失禁といいます。通常の状況では、便は直腸と呼ばれる大腸の端部に入…

  18. 心房細動へのアブレーションは認知症リスクを低下させる

    韓国の研究者による医学誌Eur Heart Jでの論文では、心房細動へのアブレーションは認知症リスク…

さらに記事を表示する
PAGE TOP